2021年度「イタリアの最も美しい村」はカラブリア州内の村に

Enjoy it!テリトリー2021年度「イタリアの最も美しい村」はカラブリア州内の村に

2021年度「イタリアの最も美しい村」はカラブリア州内の村に

  トロペア。ティレニア海の真珠の二つ名を持つこの村が、2021年度の「最も美しい村」に選出されました。カラブリア州の観光地にもたらされたこの栄誉は、イタリア半島南端のこの州が美しい観光資源に恵まれた地域であることの証ともいえます。     トロペアは、イタリア各地から選考会に立候補した他の20の村々を抑えて選出されました。選定はRai3(イタリア大手テレビ局)の番組内で3人のエキスパート、ミシュラン星付きレストランのシェフでフードネットワークTVで活躍するロザンナ・マルツィアーレ(Rosanna Marziale)、人気番組「サピエンス」司会で地質学者のマリオ・トッツィ(Mario Tozzi)、ソルボンヌ大学で芸術史を学び芸術史敷衍をライフワークとするヤコポ・ヴェネツィアーニ教授(Jacopo Veneziani)によって行われました。

年間を通じて世界中からの観光客でにぎわうトロペアに、多くの説明は必要ありません。金色の砂浜が広がる「神々の海岸」地域きっての著名度を誇り、特に夏場はカラブリア州内最大の観光地となります。 海面から垂直に60mの高さに切り立った崖の上の村からは、ストロンボリ島を遠望できる雄大なパノラマが広がり、岬の先には海に突き出すように小さな岩山があって、その頂上に村のシンボル、サンタ・マリア・デッライーソラ(Santa Maria dell’Isola)教会があります。

村の散策は、海に向かって一直線に続くヴィットーリオ・エマヌエーレ2世通り(Corso Vittorio EmanueleⅡ)とその周辺から始めると良いでしょう。通りから少し入った場所にある12世紀建造でローマ・ノルマン様式のカテドラルの見学もお勧めです。 教会内では、1230年に作られた村の守護聖人であるルーマニアのマドンナ(ルーマニアの処女像)、1600年に作られたと言われる木製の巨大な黒い十字架などを見ることが出来ます。 ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世通りの周辺は、土産物屋や郷土の品を扱う店が立ち並び、旅の記念品を買い求める事もできます。エクストラバージンオリーブやローカルワインが土産品の定番ですが、この地域ならではの物と言えば、IGP認証を持ち世界中で人気があるトロペアの赤玉ねぎ(Cipolla Rossa di Tropea)でしょう。甘く歯触りが良いこの赤玉ねぎは、優しい海風が吹き、年間を通じて温暖で適度な湿度のある独特の気象条件下の元でトロペア周辺産にのみ見られる特徴を獲得していて、その希少さも世界中で愛されている農産物です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Back To Top
ご連絡ください。
Social
公式SNS